【ゆうゆうLife】自分で立てるケアプラン(産経新聞)

 ■充実した“生” 身近で実感

 介護保険の在宅サービスの利用に必要なケアプラン(居宅サービス計画)を、自分で立てる試みが広がりつつある。「不要なサービスを減らすことができた」「精神的に元気になれた」「人生の最後まで自分の予定は自分で立てたい」−。高い専門性が求められるケアマネジャーと異なり、自分のプランなら気軽につくれる。「負担感は意外に軽い」という声もある。(牛田久美)

 東京都町田市の元自治体職員、中村達雄さん(61)は父親=当時(88)のケアプランを立てた。

 父親は認知症の治療を受けていた。症状がだんだん進み、なじみの理髪店から帰宅できなくなったりしたため、介護保険の訪問介護を頼もうとした。ところが、多忙なケアマネジャーと半年近くも連絡が取れず、「自分で頼む方が早い」と感じたのが自己作成のきっかけだった。

 両親が暮らす市の介護保険課に相談し、書類をもらった。サービスを提供してくれる事業所名などを記入し、前月末までに提出する。他人の来宅を嫌がる母親も、息子の中村さんの話なら聞いてくれた。

 「父自身はプランどころか、保険の仕組みも分からなかったと思う。それでも父に寄り添って一緒に過ごした最後の日々は、幼いころに親と持っていた親密な関係を取り戻すことができたひと時でした」

                  ◇

 3月末、都内で開かれた『ケアプランを自分でたてるということ』(筒井書房)の出版記念フォーラムでは、自己作成の体験者がそれぞれの“得たもの”を口々に語った。

 50歳のときに脳梗塞(こうそく)で倒れた主婦、高木洋子さん(61)=多摩市=は「何もできない人間になってしまったと落ち込んだが、自分でプランを立て始めてどんどん元気になれた。やりたいことを実現するために何が必要なのかプロセスを考えるうち、リハビリの目的なども分かり、前向きに取り組めるようになった」

 府中市の主婦、島村八重子さん(55)は義母が90歳で亡くなるまで7年間作成した。

 義母が自分なりの暮らしの中で、何ができて、何を不安と感じているのかを一緒に考えた。互いに干渉しない二世帯住宅で掃除や調理はヘルパーに助けてもらい、味付けは義母がする。散歩は歩行器をレンタル。人との交流は、介護保険のサービスではなく玄関にベンチを置いた。義母は40年間暮らした地で井戸端会議を楽しんでいたという。

                   ◇

 「事業所と直接やりとりができて、もどかしさがなくなった」「ショートステイの予約がスムーズ」「急なデイ利用も即応できる」などさまざまな長所がある自己作成。ただ、自己作成できること自体、あまり知られていない。島村さんは「いったん知った人の関心は非常に高い」と語り、全国マイケアプラン・ネットワークを組織して体験者の情報と理念の共有を目指す。

                   ◇

 ■老いを考える良い機会

 介護保険導入から満10年がたつ。最近は、サービスの利用に慣れた人たちが自己作成に切り替えるケースが多いという。事業所所属のケアマネジャーだとその事業所提供のサービスに限られるが、自己作成なら複数の事業所のサービスを組み合わせることもできる。

 今回、体験者へのインタビューで『ケアプランを自分でたてるということ』をまとめた著者、橋本典之さん(29)は「ぼくらの世代は『お年寄りに優しくしよう』という言葉に象徴されるように、老いを他者のものとして教わってきた。ケアプランを家族で考えることは、だれもが迎える老いを、他者ではなく自分に内在するものとして考える良い機会。友人と『自分でつくりたいね』と話している」という。

                   ◇

 ■大事なのは内容

 ≪関西福祉大学大学院の小國英夫教授の話≫

 「自分で立てる『マイケアプラン』は単に手続きの方法論ではありません。大事なのはその内容です。手続きは『自己作成』でも、自分の希望や考え方が十分に反映されていなければマイケアプランではありません。反対に、ケアマネジャーたちに情報提供や手続きをしてもらった場合でも、自分の希望や考え方が十分に反映されていれば、立派なマイケアプランです。

 プランの作成とは、自分の暮らし方や生き方、家族や近隣の人々との関係やあり方をしっかり考え、介護保険サービスを含む各種の社会資源を自分たちの暮らしに取り入れること。つまり、介護のアウトソーシング(外部化)ではなく、全くその逆です。

 育児の本質が親子関係にあるのと同様に、介護の本質も人間関係にあります。介護はその意味で、決してヘルパーと利用者の関係に収斂(しゅうれん)できるようなものではありません。自分がどのように生きてきて、老いをどう迎えたいと考えるのか。自分でケアプランを考えるということは、自分が大切にしたいことは何かを考えて実践するうえで、非常に重要な方法の一つです」

児童への暴行・虐待、過去最高725件(読売新聞)
長官狙撃事件 アレフが削除求める 警視庁の捜査結果概要(毎日新聞)
足利事件再審 判決要旨(4)(産経新聞)
覚せい剤取り締まり法違反の男性に無罪判決 京都(産経新聞)
九州の公共事業14%減 前年度比 港湾事業は25%増(西日本新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-04-02 20:10

<天気>ようやく春の日差し戻る 静岡など(毎日新聞)

 静岡県東部や神奈川県箱根町などは30日午前、大雪に見舞われた29日から一転して晴天となり、積もった雪が春の日差しを照り返した。

 上空に強い寒気が入った影響で静岡地方気象台は29日、静岡県東部に大雪警報を出し、御殿場市では同日午後5時ごろ、最大17センチの積雪を観測。30日にかけて市内などで100件以上の追突事故が起きた。神奈川県小田原土木事務所によると、箱根町の芦之湯では30日午前6時に氷点下10.6度を記録、今年一番の冷え込みとなった。【山田毅、澤晴夫】

【関連ニュース】
気象庁:天気予報サービスでトラブル
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
天気:宮古で氷点下20.3度…各地で2月並み寒さ
雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開

「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す−民主研究会(時事通信)
皇后さま 旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
日本の医療制度を守るために(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-03-31 11:02

<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)

 第10回「東京発 日本ファッション・ウィーク」(日本ファッション・ウィーク推進機構主催、経済産業省など後援、毎日新聞社など協賛)が22日、東京都港区の東京ミッドタウンを主会場に開幕した。23日に始まる中核イベントの東京コレクション・ウィークをはじめ、28日までさまざまな催しが行われる。初日のこの日は、若手デザイナーの支援事業「シンマイ・クリエーターズ・プロジェクト」が開催され、世界11カ国37組から選ばれた4ブランドがショー形式で新作を披露した。

【関連ニュース】
ザ・モデルズ:最終審査の142人 魅力アピール 東京
ロボット:「喜怒哀楽」も表現 ショーデビューへ
木下優樹菜:「25に出産、女性としても輝きたい」 モード記者に挑戦、ママさんモデルに感激
森三中・村上:モデル初挑戦「緊張しました!」 トヨタ「パッソセッテ」イベント
来月22〜28日、東京ミッドタウン

<規制改革分科会>メンバー41人を発表…枝野担当相(毎日新聞)
日医会長選に4人が立候補(医療介護CBニュース)
<脅迫文>兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り(毎日新聞)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-03-29 10:33

<雑記帳>この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)

 京都市の学校法人平安女学院は24日、DNA型鑑定の結果、所有する京都市上京区の旧有栖川宮邸の枝垂れ桜が豊臣秀吉ゆかりの醍醐寺の桜の子孫だと分かったと発表した。

 枝垂れ桜は1952年、画家、堂本印象の発案で醍醐寺から移植したものと伝わっている。しかし、確かな記録がなく、住友林業が葉のDNAを抽出して調べていた。

 枝垂れ桜は今、三分から五分咲きで今月末が見ごろになりそう。同法人は4月7〜11日に邸宅を有料公開するが、洛中で「醍醐の花見」としゃれ込むには少し遅いかも。【広瀬登】

龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
橋下知事、万博公園活用でパラマウントと協議へ(読売新聞)
水道止められ、激怒した男の言い訳 (産経新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「光害」知って−−茨城大生、天の川マップ作成(毎日新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-03-26 21:59

2歳男児が一晩連れ回され保護 50代の男逮捕へ(産経新聞)

 東京都東久留米市のスーパーマーケットで17日夜、父親と買い物に来ていた埼玉県新座市に住む2歳の男児が行方不明になり、18日朝に北区のJR田端駅で50代の男と一緒にいるところを警視庁の捜査員に保護されたことが、捜査関係者への取材で分かった。男児にけがはななかった。同庁は男児を連れ回した疑いで、男から事情を聴いており、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 捜査関係者によると、 男児は17日午後7時10分ごろ、東久留米市のスーパーで行方が分からなくなり、約12時間後の翌18日午前7時半ごろ、田端駅で男と一緒にいるところを発見されて保護された。男は「かわいかったから連れ回した」と供述しているという。

【関連記事】
和泉の不明中2女子 東京で無事保護
紅葉狩りで不明の男女、無事発見 宮崎・尾鈴山
「奴隷のような状態」18年前誘拐の女性保護 米国
行方不明の次女、今月連れ回される被害 千葉団地殺人
中国誘拐団、都内に潜伏 斡旋役きょう逮捕

恵比寿RCの啓発漫画、全国に配本 ネットのわな、小中学生に警鐘(産経新聞)
強風 関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
宇治茶 大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
トキ検証委、4月に結論=小沢環境相(時事通信)
死刑ゼロ 首相の意向無視を認めた法相(産経新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-03-24 21:58