犬に「住民票」発行 東京・板橋区(産経新聞)

 東京都板橋区は愛犬の名前などを記載した犬の「住民票」を発行する。25日から区保健所の窓口で、登録済みの犬を対象に無料で受け付ける。

 犬の登録率や狂犬病の予防接種率を向上させるのが狙いで、区は「飼い犬を対象にした住民票は、全国でも珍しいのではないか」としている。

 区内には約5万匹の飼い犬がいるが、登録されているのは約1万7千匹。住民票は名前や写真、生年月日、種類などを記載。狙い通りにいくかどうか。

【視点】市有地に神社は違憲 新基準 政教分離訴訟どう影響(産経新聞)
本当に“派遣村”だった? 存在意義めぐり議論(産経新聞)
不正通行容疑 ETCすり抜け460回 男を逮捕(毎日新聞)
<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店、ガラス割られ35点盗まれる(産経新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-01-26 13:08

高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)

 高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)が変わりつつある。かつての似たような施設から、しゃれたデザインの建物に快適な休憩設備、環境にも配慮した商業施設などが登場。東日本と北海道エリアを管轄する東日本高速道路では「駅ナカ」ならぬ「道ナカ」ビジネスと名付け、施設の進化に力を入れている。(太田浩信)

 横並びの料理メニューやサービスが当たり前だったSA・PAは昭和60年前後に利用者からの批判が高まり、次第に変化してきた。平成に入ってからは高速道路と一般道の双方から利用できる「ハイウェイオアシス」も登場。コンビニエンスストアなどの出店も相次ぎ、17年の旧道路公団の分割民営化で拍車がかかった。従来のイメージを覆す商業施設、ドッグランなどもその一つだ。

 ≪回転ずしやスイーツ≫

 東日本高速道路が展開する商業施設「Pasar(パサール)」は従来施設の概念を変える。PAとSAにリラクセーションの頭文字「R」を組み合わせた造語だが、インドネシア語で「市場」を意味する。20年に京葉道幕張PAの上下線に開業したPasar幕張を皮切りに、21年11月には東北道下り線にPasar羽生、同12月には関越道上り線の三芳PAにPasar三芳をオープンさせた。いずれも改築前の旧施設を大きく上回る好調な売り上げを記録している。

 関越道で最も都心に近いPasar三芳(埼玉県三芳町)は第1期分だけだが、回転ずしや長崎発祥のB級グルメのトルコライスなどを提供する高速道初出店の店がずらりと並ぶ。和洋中の総菜やスイーツ、ベーカリーなど主婦を意識した店もそろう。子供専用トイレのほか、風力・太陽光発電や遮熱性舗装、壁面緑化、LED照明など快適性やエコを重視した設備も特徴だ。高速無線通信でインターネット環境も整える。

 ≪列車に名物駅弁≫

 同社はPasar以外にも施設の個性化を図る。上信越道上り線横川SAに新幹線開業で廃止されたJR信越線碓氷峠越えのシーンを再現。実物の列車を展示し、名物駅弁「峠の釜めし」が味わえる。関越道上り線の寄居PAは、サン・テグジュペリの名著『星の王子さま』とのコラボ施設としてリニューアル中。今年夏の開業予定で、非日常性や癒やしをコンセプトにしたレストランや接客サービスを目指すという。

 味のレベルアップも図る。レストラン全店舗のシェフが地域産食材を使ったオリジナルメニューで腕を競うコンテストを開催。東北道上り線・那須高原SAでは昨年のグランプリに輝いたメニュー「那須高原 鳥のさえずり〜空の詩」(1300円)を1日限定20食を販売するが、評判を呼んで昼前に売り切れになることもあるという。

 同社事業開発部エリア事業課の河内康高課長代理は「地域の活性化、地域が潤う取り組みを行い、SA・PAが地域のショーウインドーになるようにしたい」と意気込んでいる。

                   ◇

 ■ETC効果で売り上げ増

 ETC利用車の通行料金を上限1千円とする休日特別割引が実施された昨春以降、全国の高速道は通行量が増加。東日本高速道路では昨年4月から10月までの通行量が前年を約15%上回った。比例するようにSA・PAのテナントスペースの売り上げも10%を超える増加を示し、ETC効果が商業施設にも波及した形だ。

 高速道料金無料化を衆院選のマニフェストに掲げた民主党政権だが、6月をめどに曜日を問わず車種ごとに通行料金の上限を設ける新しい割引制度案が浮上。利用者の土日集中は緩和されるとみられる一方、平日の利用増に期待がかかる。

抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書−日米(時事通信)
第三者機関、薬食審への設置に反対相次ぐ―薬害再発防止検討委(医療介護CBニュース)
民家侵入、警察官の前で放火…近くで11棟火事(読売新聞)
「のぞみ」を退く新幹線車両500系のバームクーヘン、20日から発売(産経新聞)
「民主党政権は30年続く」はずだったが…(産経新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-01-25 15:25

大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)

 雪が積もる商店街を、さらし姿の男女が大わらじを載せたみこしをかついで練り歩き、1年の無病息災を祈願する催し「わらじみこし」がこのほど、山形県高畠町で行われた。
 みこし台を含めて長さは約4メートル、わらじは片足分だけでも約150キロの重さがあるため、みこし全体は約400キロになる。今年は地元の20〜40代の男女約30人が担ぎ手として参加。沿道の両脇から清めの水を浴びせられながらも、威勢の良い掛け声とともに駆け抜け、大わらじを龍寿院大日如来坐像に奉納した。
 同町役場によると、江戸時代に湯殿山参拝客が旅の安全祈願にわらじを奉納していたのが「わらじみこし」の由来。一時は担ぎ手不足で中断していたが、1976年に元町地域の人々が復活させて以来、毎年冬の風物詩となっている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕知事とスザンヌが熊本の食材をPR
〔地域の情報〕10の温泉街が心をこめておもてなし=北海道
〔地域の情報〕五輪代表の小塚選手ら表敬=愛知県豊田市
〔地域の情報〕白虎前に鳥居設置、開運祈願=福島
〔地域の情報〕雪に包まれた世界遺産=岐阜

<普天間移設>鳩山首相、改めて5月中の決着を強調(毎日新聞)
民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
鳩山首相、党大会で自身の疑惑「終結した」(産経新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-01-23 22:18

子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は18日午前、国会内での新人衆院議員らを集めた国対全体会議で、「(内閣)支持率は下がっているが、予想よりも高い。地元では非難を浴びると思うが、子ども手当法案が通って生活に影響してくるとなれば、また大きく変わってくる」と述べた。

 同党の石川知裕衆院議員の逮捕など小沢幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る一連の問題で、現在は民主党への風当たりが強くても、子ども手当を支給すれば支持が回復するとの見通しを示したものだ。

 山岡氏としては、若手の動揺を抑える狙いがあったと見られるが、同会議の出席者からは「バラマキをすれば支持が戻るというのは、国民を愚弄(ぐろう)した話だ」と指摘する声も出ている。

<取り調べ可視化法案>政府・民主、対応苦慮…検察捜査受け(毎日新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で(産経新聞)
<衆院>代表質問で与野党が激しいヤジ合戦 あきれる声も(毎日新聞)
「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供−鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-01-23 04:52

沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財−審議会答申(時事通信)

 国の文化審議会(西原鈴子会長)は15日、静岡県沼津市の「沼津内浦・静浦および周辺地域の漁労用具」など3件を重要有形民俗文化財に、富山県入善町で行われる小正月の行事「邑町(むらまち)のサイノカミ」など2件を重要無形民俗文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。これで重要有形・無形民俗文化財はそれぞれ210件と266件となる。
 沼津市では大正初期まで、マグロ、カツオを最大20人程度の集団で網に追い込む「オオアミ漁」が行われた。長さ約264メートルの網、山の上から魚の位置を知らせる竹製の拡声器「ローフー」などが指定対象となる。
 文化審はほかに、国の有形民俗文化財に4件を登録するよう川端文科相に答申。記録作成などの措置を講ずべき無形の民俗文化財に5件を選択するよう玉井日出夫文化庁長官に答申した。 

<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)
<訃報>岡本達男さん81歳=元グンゼ産業専務(毎日新聞)
胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す(産経新聞)
[PR]
# by vaunwkisgs | 2010-01-22 07:52