<< 五木寛之さん「親鸞」上巻、ネッ... 桜を見る会 足元に残雪…鳩山首... >>

動物愛護 殺処分からペット救え 100匹と飼い主が行進(毎日新聞)

 ペットブームの陰で捨てられた犬や猫が年間約28万匹殺処分されている現状を訴えるチャリティーウオークが9日、東京・お台場であった。真夏のような日差しのなか、約100匹の犬と飼い主が参加した。

 動物用医薬品を製造・販売する企業の主催。動物愛護センターから市民団体に保護されて殺処分を免れた犬たちが、新しい家族とともに海辺までの約2キロを大行進。3歳の雑種犬「メイ」を連れてきた埼玉県越谷市の学校相談員、仁上裕子さん(39)は「メイは自分が命拾いしたことを知っているのか、とても賢くていい子。子犬や純血種の人気が高いが、捨てられた雑種や成犬の譲渡がもっと広がるといい」と話した。

 主催企業はこの日集まったカンパや今後の売り上げの一部を、センターに収容された犬猫の新しい飼い主探しに取り組む動物保護団体などに寄付する。【田後真里】

石原知事、漫画規制条例の条文修正を指示(産経新聞)
仙台教諭殺害 金銭トラブルか 入院中、株購入求める電話(産経新聞)
普天間移設 政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
<滑落>各地で相次ぐ 富士山、谷川岳で計2人死亡2人重傷(毎日新聞)
サイバー攻撃への対応強化=政府(時事通信)
[PR]
by vaunwkisgs | 2010-05-11 16:58
<< 五木寛之さん「親鸞」上巻、ネッ... 桜を見る会 足元に残雪…鳩山首... >>